賃率80%の真実!大阪のタクシー会社

スポンサーリンク

人気ブログランキング

みなさんお久しぶりです。

まき@タクシーです。

毎日仕事終わりには、ブログを書こうとは思ってるのですが、すぐに寝てしまい、ブログの更新頻度も下がっております。

(;・∀・)

タクシー業界の賃率について

さて今回のテーマは、タクシー業界の賃率について少し考えてみたいと思います。

日本中で統計を取ると、大体が60%前後という数字に収まるこの賃率。

単純計算すると、税抜き売上を100万上げれば、額面は約60万ってことですね。

東京はわかりませんが、大阪の法人に所属しているトップドライバーさんの月給は額面で60~70ぐらいかなぁと。

しかし、大阪のタクシー会社の中には、なんと!賃率80%のところがあると聞きました。

80%ってことは、100万稼げば80万が額面になる?

そんなんだったら、誰でもそこの会社に行くじゃんと思いましたが、そんな上手い話があるわけないw

早速ですが、今回のタイトル、賃率80%の真実に迫ります!

これが賃率80%の真実だ!

とあるタクシー乗場で、某社が勧誘?(あえて会社名は出さないでおきます)みたいな事をしており、その際に下記の資料を配っておりましたので、紹介します

賃率80%が記載された資料がこちら
※クリック(タップ)で別窓開きます

ふむふむ。たしかに62%から一気に80%にアップしてる箇所がある。

ただ、よく見て欲しい。

夜勤の場合、80万以上の売上に対して80%と書いてある。

ここが非常に重要。

この80万という数字は、テキトーな仕事をしてて到達出来るレベルではないのは、皆さんもよくご存知のはず。

月間売上の最低ラインが80万

本気で頑張った人のみ達成出来る売上の最低ラインが80万と僕は考えます。

夜勤で、普通に仕事してる人だと、60万~80万弱ぐらいなので、設定されている%も一般的な60%もしくは62%になってますね。

会社も、ここから更に高みを目指し、ガッツリ頑張ってくれるならってことで、80%設定してるんだろうけど、通常の60%と今回の資料に基づき、20%の差がどれぐらい出るのか、わかりやすく税抜き月の売上100万の場合どれぐらい金額に差が出るのか計算してみた。

賃率60%の会社の場合

100万x60%=60万

簡単ですね。

続いて、

賃率80%の会社の場合

100万を表の通りにバラしてみると下記のようになる

100万=80万+20万

80万x62%=496,000円

20万x80%=160,000円

これを足すと

656,000円となります。

比較してみると、56,000円の差が出ますね。

この差だけを見て、うわっ魅力的!と思う人は、こういう会社で働いたらいいだろうけど、このタクシードライバーの仕事は、基本は同じでも、それぞれの会社毎に、

専用乗場、専用無線、汎用ではない専用チケットがあったりと、

強みを持ってて、稼ぎやすさも違うので、難しいところですよね。

これらの他社にはない強みを使って、それなりの売上を上げれてる人が、こんな賃率だけみて転職しても同じだけあげれるとは限りません。

100万円を例にしましたが、56,000円の差で、自社の強みを捨ててまで移動するのか微妙なライン。

専用乗場も専用無線も専用チケットいらねー!俺は流しだけで80万以上稼げる自信があるんだ!という方には、賃率80%の会社というのはピッタリかもね。

最終的には、自分のスタイルに合った会社で働くのがベストなのは言うまでもありません。

今回の記事が、参考になったなぁと思われた方は下記応援クリック宜しくお願いします。
m(__)m

ブログランキング参加中!↓ 1日1回、応援のワンクリックを宜しくお願いします。

オススメアイテム

6 件のコメント

  • 『夜勤:80万以上80%』
    80万越えを維持し続ける難しさ・・・
    コレは乗務員をやってみないと分からないよねぇ。

    地味に昼勤務の方が実現し易いかな?
    とか思いましたが、コレもまたキツイ!
    いやぁ、良く考えられてる数字で関心しますよホント。

    彼は『80%』だけを強調して来るだろうねぇ。

    • 油断したら、届かなくなるからなぁ~抜き80万は。
      昼勤で80万は、相当キツイと思う。
      会社も損しないように考えて設定してるんだろうけど、これは上手く出来た表やで。

  • ざっくりになりますが、税込みの売り上げでだいたいこれくらいは必要?
    昼勤 28k/1勤務
    夜勤 38k/1勤務
    隔日勤務 58k/1勤務

    流しだけでできる数字ではないよなぁ…。
    「集金マシーン」に徹底するなら話は別でしょうけど。
    それはやっぱり本意じゃない。

    • 計算すると、大体それぐらいの売上になりますよね。
      流しだけで実現は不可能ではないけど、のんびり休憩すら出来なくて、体壊しそう。
      乗場併用するとしても、ほぼ集金マシーンにはなっちゃいますね。

  • どもどもおつかれさまです。
    25年前なら全然いけた数字でしょうけど、これからや今はねえ。
    チケット配ってるところは皆無ですから。
    昔は何枚も「おーつことけ」といってもらえたんでしょうけどね。
    世知辛いですなあ。

    • おつかれさまです。
      ほんとその通りですね。

      ただ、80万というラインをクリアしてる人は多数いますし、やる気さえあれば誰でもいけますが、80%になるのが80万以上ってのが上手く出来てるなぁと。
      対象金額を70万ぐらいまで下げれば、頑張る人も出てきて、もっと会社は儲かるのでは?と思いました。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    2017/01業界未経験スタート。日々の乗車データを駆使して、キタからミナミまで、感覚に頼らない流しメインで営業中。最終的には、半自動シスタク(システムタクシー)構築が目標です!ラーメンがなにより大好物です!