タクシーがノーマルタイヤで雪道を走ると道交法違反になるの!?

スポンサーリンク

人気ブログランキング

関東の交通機関がマヒ状態に!?

大阪では滅多に雪で交通機関がマヒということはありませんが、先日より関東を中心に大雪が降り、首都圏のタクシードライバーさんは困っていると思います。

聞いた話だと、4本全てではなく駆動輪の2本だけスタッドレスにしているタクシー会社があったり、大手さんだと、チェーンを装着している会社もあるみたいです。

ちなみにスタッドレスでも、坂道とかだとズルズル滑るみたいなので出勤されている乗務員の皆様は気をつけて頑張ってください。

雪が降ってても、俺は運転に自信があるし、気をつけて走行していれば、ノーマルタイヤでもいいじゃないか!と軽い気持ちで考えていると、事故を引き起こす可能性が大幅に上がるだけではなく、捕まった場合、道交法違反が適用されます。

そもそも、人の命を預かる仕事をしている時点で、このような考えをもっているタクシー乗務員が仮に居るなら今スグお仕事辞めたほうがいいと思いますけどね。

それではどのような罰則があるのかも含め、違反点数や、罰金などを見ていきたいと思います。

積雪又は凍結している道路をノーマルタイヤで走行すると道交法違反?

こんな交通ルール知らないし聞いたことがないって方も多数いらっしゃると思います。

これは、都道府県によって内容が微妙に違う場合もありますが、
道路交通法71条6号に基づき、各都道府県の公安委員会が制定した同法施行細則で定められています。

これですね。

(運転者の遵守事項)
第七十一条  車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

六  前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

引用元:e-Gov【道路交通法】

なかでも、北海道をはじめ、雪による影響が多い地域になればなるほど、規制内容が厳しくなっているようです。

捕まった時の点数と罰金は?

ノーマルタイヤで、雪道や凍結した道路を運転中に捕まった場合、道路交通法で定められているので交通反則通告制度のもと、違反になります。

ただし違反点数は0点なので点数が引かれることはなく、罰金というか反則金のみが発生します。

金額は、5千円~7千円となってますが、反則制度が適用されないケース(交通事故など)を起こしてしまった場合は、刑事裁判となり、5万円以下の罰金に処せられることがあります。

金額はたいした事ないし、気にしないでいいじゃんとは思わないで下さい。

自分はノーマルタイヤで走行しており、もし事故した相手がスタッドレスなどをつけていた場合は、通常の過失割合ではなくノーマルタイヤの人が大幅に不利な事になる場合が多いようですし。

まとめ

大阪でもタクシードライバーという仕事をしていたら、遠方に行った際、トンネルを抜けると突然雪道になっていたなんて事もたまにはあるかもしれません。

新神戸トンネルを抜けると大雪になっていたなんてことも、たまにあるみたいだし。

他にも滅多に行くことはないだろうけど、三重とかでは、こんなポスターが貼ってあるようです。

今回紹介した、
【ノーマルタイヤで雪道を走ると道交法違反】

大阪ではほとんど雪が降らないので知らない人も多かったと思いますが、この機会に、こんな道交法があるんだって事を知ってもらえれば幸いです。

「参考になったよ~」って方は、応援ポチっと宜しくお願いします
\(^o^)/

 

ブログランキング参加中!ポチッと、応援お願いします~☆

オススメアイテム

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2017/01業界未経験スタート。日々の乗車データを駆使して、キタからミナミまで、感覚に頼らない流しメインで営業中。最終的には、半自動シスタク(システムタクシー)構築が目標です!ラーメンがなにより大好物です!