【路面凍結】ブラックアイスバーンってご存知ですか?

スポンサーリンク

人気ブログランキング

今日、明日ぐらいからしばらくの間は、大阪も深夜帯の気温が氷点下になるようですね。
{{ (>_<) }}ブルブル

先日の関東みたいに大雪にはならないだろうけど、路面凍結は場所によってはありえるので、今回は、見た目では気づきにくいブラックアイスバーンをご紹介します!

ブラックアイスバーンとは?

説明を読むと、たまにあるあるってなりますが、こーいう呼び名がついてるのは知りませんでした。

(;・∀・)

見た目は、「黒く濡れたように見える路面」

雨が降った後とよく似てますが、プロタクシードライバーなら音で分かるはず!

走ってる時に雨で濡れてる路面だと、水を切る音?みたいなのがしますが、
このブラックアイスバーンは、無音です。

大阪では雪はめったに降らないし大丈夫と思っていたら、意外とロングの行き先を引いた時に、行った場所が、ブラックアイスバーンになっている可能性があります。

パッと見は、道路が濡れてるだけに見えるけど、実際は凍結しているので滑りやすくなっておりかなり危険な路面状況です。

どれぐらい危険なの?

文字で書くと、ブラックアイスバーンは、氷の上を走ってるのと同じ状態なので、制動距離が雨降りと比べると、約5倍くらい制動距離が伸びます。

実際にどんな感じなのか動画を御覧ください。

これ直線だからいいけど、住宅街の急な坂道とかだったら怖すぎますね。

止まらず、スゥーと滑っていくのでどうしようもありませんし。

こんな事とか起きたら大変です。

少しでも路面状況に異変を感じたら、スピードを抑えてゆっくり走るようにしましょう。

大阪のタクシーで、スタッドレスなんてつけてる人いないだろうし。

まとめ

これからの時期のタクシー業界は氷河期のような時期に突入します。

もうしてますけどね、、、(・_・;)

暇な時ほど、焦ってところかまわず、スピードを出しすぎるタクシードライバーは増えると思いますが、今日から大阪も0℃前後の日が続きますので、くれぐれもブラックアイスバーンには気をつけて、無事故無違反で乗り切りましょう!

そもそも、この状態になってる場所が引けるのか?って感じですけどね

( ;´д`)トホホ…

「参考になったよ~」って方は、応援ポチっと宜しくお願いします
\(^o^)/

 

ブログランキング参加中!ポチッと、応援お願いします~☆

 

オススメアイテム

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

2017/01業界未経験スタート。日々の乗車データを駆使して、キタからミナミまで、感覚に頼らない流しメインで営業中。最終的には、半自動シスタク(システムタクシー)構築が目標です!ラーメンがなにより大好物です!